« 今治春祭りの日程 | トップページ | 明石焼き »

2010年4月21日 (水)

三滝祭りの、八つ鹿踊りと牛鬼

初めて、南予(愛媛県の南部、南の伊予)に
お祭りの見物に、行きました。

西予市城川町窪野地区へ、約3時間かかりました。
南予に来ますと、やはりイントネーションが違います。
話してる人らの口調が、のんびりです。
ほてきしゃない、どこぞの言葉とは大違い(?)

フォトアルバム camera

以前から、是非とも八つ鹿踊りを見たいと思ってました。
ファーストショットから、雰囲気有りますね。
IMGP7250

八つ鹿の人達に続いて、石段を登りました。
IMGP7258

八つ鹿は、本殿を3周回るようです。
IMGP7274

かなり歴史ある神社の様ですね。
保存のためか、屋根を付けて覆っています。
IMGP7289

牛鬼を、初めて間近で見ましたよ。
IMGP7295

IMGP7300


祭りが始まるまで、神社周りを探検です。
IMGP7313

IMGP7314


神社まで、随分登って来てたんですね。
IMGP7315

コケをおがして帰りよる人が居たが、いいのか?
IMGP7316

ほら貝の音で、牛鬼の運行が始まりました。
子供が、泣き叫ぶ迫力です。
IMGP7376

神輿が、お旅所に向かいます。
IMGP7400

八つ鹿踊りが、始まりました。
IMGP7455

雄二匹が雌を奪い合う、様らしいです。
小鹿五匹と、合わせて八つ鹿ですね。
IMGP7476

角が無いのが、雌鹿です。
IMGP7481

こんな撮影を楽しみつつ
IMGP7503

踊りは30分余り続きます。見かけ以上にハードでしょうね。
IMGP7505

IMGP7527


IMGP7544

場所を変え、もうひと踊り
IMGP7560

この後、神輿(三体)と牛鬼が神社に帰り、祭りは終わり。

一服した後、餅を拾って三滝祭りを満喫して帰りました。
色んな文化に触れ合える、地域の祭りは良いですね。

|

« 今治春祭りの日程 | トップページ | 明石焼き »

コメント

つり上がった目、ほほ肉の盛り上がり方
立派な角、大きな鼻
荒々しい作りの凄まじい形相
何回見てもほれぼれする。
夜中にトイレ行って目の前に出てきたら
ちびっちゃうだろなぁ。
子供が泣き叫ぶのも納得しちゃう。

投稿: す~ | 2010年4月21日 (水) 12時13分

さすが、す~さん
違いが分かる男ですな!!
宇和町の愛媛県歴史博物館で、牛鬼撮った写真が数枚有るはず。
顔の違いを調べてみよう。
ここの牛鬼、他と比べてどうか?は分かりませんが、ええ顔しとります。
南予の祭りも、色々回りたくなりますね。

投稿: 17号 | 2010年4月21日 (水) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520120/34314418

この記事へのトラックバック一覧です: 三滝祭りの、八つ鹿踊りと牛鬼:

« 今治春祭りの日程 | トップページ | 明石焼き »