« 美しきかな、しまなみ海道 | トップページ | 鯛の兜煮と赤飯 »

2010年2月18日 (木)

トヨタ問題

私はHondaの株主なんで、トヨタの事は関係ないね・・・
そうはイカン。

やっぱり、メーカー違えど同じ業界。
トヨタ“だけ”の問題と捉えず、気を引き締めねばなりませぬ。
株主としてpunch


世界のTOYOTAが、どうしたもんですかねぇ・・・情け無い。
社長が出てくるのが遅いとの批判が有るようですが
それは、問題になる前から私も思ってました。
例の常務のにやけた会見。
客は素人みたいな扱いだったもんなぁ。
ハードは悪くない、フィーリングだ。
あぁ、火に油注いじゃったよと思ったら、やっぱりね。

この時に社長が出てればねぇ。
その後の対応もお粗末で、いまや【こども社長】と言われる始末。

早く事態が収集して欲しいけど、今度はステアリングの問題か。
アメリカ行った方が良いんじゃないの?
自ら乗り込んでいく姿勢見せた方が、事態の収拾は早いよ。


本田宗一郎さんは、親族を本田技研工業に入社させませんでした。
トヨタ自動車は、創業家のボンボンを社長に昇格させました。
この違い、現状に無関係とも思えないんだが・・・?

新型プリウス
ホンダ・インサイトが低価格で好調な売行きだったため
当初の価格設定を40万円下げて登場しましたよね。
コストダウンで実現出来たと言ってましたが、どうでしょう?
もろにインサイトを意識した価格設定に、ダンピングでは?
と個人的には思えるほどの価格設定ですよ。
コストダウンが、手抜きでなければ良いんですけどね。

Made in japanの信頼回復のためにも、頼むよ社長。

|

« 美しきかな、しまなみ海道 | トップページ | 鯛の兜煮と赤飯 »

コメント

金ジョンウンの世襲後継と同じに見えるかも。
時期を見てドンドン昇進してましたからね。本人はレースに夢中でしたが。
サントリーみたいに非上場なら当然の行為ですが、トヨタは人の金で何やっとんじゃい。
あんなボンボンに日本経済が掛かってしまった。公聴会でヘマせんとって、頼む。

投稿: souhina | 2010年2月19日 (金) 18時08分

トヨタのもたもたする姿が、日本の現状に見えます。
日本の国際競争力低下の、象徴に見えてしまいます。
トヨタ叩きの部分も無きにしも非ずですが、それを許したトヨタも甘かった。

今回の問題、技術的な事は大した事無いと思ってます。
(どうでも良いという意味では有りません。)

結局、トヨタの社長は行くようですね、アメリカに。
呼ばれちゃいましたぁ~では無く
出席するしないは別として、アメリカに乗り込む気概を見せる必要がありました。
でも、それを結局しなかった・・・
呼ばれて行くのと、こちらから参上するのでは
相手に与える印象は、大きく変わってくるんだけどなぁ・・・
感情論の部分も入って来てる現状、そこのとこ感じる者はおらんのかな?

プリウスショックで、5万人の雇用に影響とか?
トヨタは、一民間企業の立場ではないのだから、しゃんとしてもらわないと困りますね。

投稿: 17号 | 2010年2月19日 (金) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520120/33433766

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ問題:

« 美しきかな、しまなみ海道 | トップページ | 鯛の兜煮と赤飯 »